文字サイズの変更
English
  • リンク
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • HOME

医療関係者

足の腫瘍・腫瘍類似疾患のQ&A

  • Q.1

    80代女性。母趾に腫瘤が出現し急激に大きくなっている。腫瘤直上の皮膚の変色がもともと存在した。潰瘍や出血は認めない。

    母趾MRI【①.T1強調冠状断像】【②. STIR冠状断像】を提示する。

    間違っているのはどれか?

    • a. 表皮由来の腫瘍である
    • b. 直ちに生検を行う必要がある
    • c. 全身のどこにでも発生する
    • d. CTによる全身検索は必須である
    • e. T1強調像で信号が高い場合もある
    答えを見る↓
    答え:b

    MRIを見ると、腫瘍は表皮から連続する腫瘍性病変であり突出するような形態を示している。母趾の脂肪組織の信号上昇が帯状に認められるものの深部への浸潤傾向はまだ少ない状態である。T1WI では本症例の腫瘍は信号が均一に低く、高信号ではない。

    皮膚の変色がある足部発生の皮膚病変で急激に大きくなった既往より悪性黒色腫が考えられる。メラノサイトの悪性化のため、内臓含め全身のどこに出現してもよいが、足部は比較的好発部位である。黒子が存在している部位に発生しやすい。急速に進行するため、CTによる転移検索は重要である。

    MRIでは腫瘍の局所浸潤の程度を観察するのにとどまる。悪性黒色腫の場合ではメラニンの含有量によってT1WIで信号が高くなる傾向がある。

  • Q.2

    60代男性。足関節、足背部に腫脹があり数ヶ月継続している。軽度の痛みはあるが発赤や熱感はない。足関節単純X線写真正面像・側面像、足関節MRI STIR矢状断像および造影後脂肪抑制T1強調矢状断像を提示する。
    診断は何か?

    答えを見る↓
    答え:結核性足関節炎・骨髄炎

    足関節単純X線写真正面像・側面像では足関節周囲の軟部腫脹が非常に目立っている。また関節面に沿った骨密度の低下もあり脱灰が進行している状態である。明らかな骨びらんや骨破壊像は指摘できない。関節裂隙の狭小化はわずかに認められる。画像上は足関節炎を疑う所見である。

    足関節MRI STIR矢状断像では距骨を中心に強い骨髄信号上昇を認める。炎症による強い骨髄浮腫と考えられる。また脛骨天蓋部や舟状骨と言った距骨と関節面を呈している骨にも関節面に沿った信号上昇があり浮腫がある。足背部皮下脂肪組織の腫脹も著明であり炎症は弓が疑われる。造影後脂肪抑制T1強調矢状断像では足関節の滑膜の強い増強効果が認められる。滑膜の厚みや増強効果は均一であり、比較的活動性のゆるやかな炎症が長期にわたって存在していると考えられる。距骨の脛骨関節面、舟状骨なども強い増強効果を示しており、骨髄炎・関節炎に一致する所見である。関節内には膿瘍と思われる液体貯留も存在している。これらの画像所見より慢性的な炎症を呈する疾患であり、結核性関節炎・骨髄炎と考えられる。

    結核性足関節炎・骨髄炎について

    結核性関節炎の好発部位は股関節や膝関節であり、足関節や足部発生は比較的まれである。足関節・足部の場合では踵骨に好発し、その他距骨、第一中足骨、舟状骨などで認められる。画像上は関節リウマチのような滑膜疾患、サルコイドーシスのような慢性肉芽腫性病変との鑑別を有する。関節リウマチは多関節炎の形態を取るが、結核性関節炎の場合では単関節炎の形態を取るとされ、診断の一助となる。またサルコイドーシスは足の第一基節骨に好発するとされ、結核性足関節炎・骨髄炎とは分布が異なることに注意する。

    結核性関節炎が存在すると、肺結核の合併も多いが、必ずしも肺病変が活動性とは限らないことに注意する。

    単純X線写真ではPhemister 三徴(①関節周囲濃度低下 ②関節辺縁の侵食像 ③緩徐な関節裂隙の狭小化)が特徴とされるが、早期所見とは言えない。

    ※以下の画像は蛇足だが、粟粒結核はこのような画像所見を呈する。参考程度に。

PAGE TOP
一般社団法人日本足の外科学会 E-mail:info@jssf.jp
  • プライバシーポリシー